厚生労働省が発表しているできちゃった婚の離婚率とは

厚生労働省が発表しているできちゃった婚の割合ですが、およそ全体の25%ほどになります。つまり4組に1組はできちゃった結婚をしていることになることが理解できるはずです。このようになる理由は、前後を考えずに性行為を行うことが理由になっています。コンドームをつけない場合などは、大きな原因の1つになっていると考えられるわけです。

特に、若い世代は多く25歳未満で結婚している人のうち半分以上はできちゃった結婚とされていることです。10代に至っては、8割以上は子供ができてしまったので仕方なく結婚していることになります。

当然ながら、結婚の理由が非常に曖昧で本人の意思に関係なくしなければなりませんので、離婚率後かなり高い確率になっています。厚生労働省によれば、離婚率はおよそ8割ほどとされています。要するに、10組結婚したならば8組が離婚している傾向が見受けられるわけです。これは、全体の離婚率と比較しても顕著に多い数字のことが理解できます。

そうそう、ここからわかるのはどのような理由で離婚しているかといった点になるでしょう。まず、最初の段階で仕方なく結婚したパタンに関してはかなり高い確率で分かれていることがわかります。つまり、結婚した後に別れたくなければ、お互いの意思を明確にし本当にこの人と一緒に生活しても問題ないと考えるレベルまで到達した時点で初めて一緒に生活することを考えるべきです。

次にわかる事は、どのようにして妊娠させないかといった点になります。性行為を行う場合は、通常の脳みそと異なりかなりハイテンションな状態になっていることが多いです。この状態では、正確に前後を見分けることができず、思わず暴走してしまうことも少なくありません。もともと人間に備えられた本能ですが、間違えて使ってしまうことにより一生後悔することもあるわけです。難しいですが、性行為の時ほど冷静に判断することが重要になるでしょう。性行為を行う前の段階でも、男性は賢者になることが重要になります。