できちゃった婚の実家と職場の挨拶の仕方

人が人生の中で経験する一番最初の事は、自分の母親の体内から生まれ出ることです。母親の羊水の中でしっかりと守られ、栄養も胎盤を通して十分に与えられ健やかに育った後のある定められた時期に、人は母親の胎内から出てくる事になります。

母親の胎内から出た直後は、まだ外気に触れて間もない事もあり様々の点で慣れない事が続きます。最初は、何も食べられず母乳やミルクを栄養源として成長しますが、その中においても人は急速な勢いで成長するとともに外の環境に適応します。しばらくすると、それまで母乳やミルクであった栄養源が、離乳食などの口を通した食事と変わっていきます。この様にして段々人間としてのオリジナルな活動を進めます。

この様に成長が進んでいく事で更に人間的な事の発現を迎えます。それは言葉を覚えて喋る様になる事です。他の人から人間として認知されるのは言葉を喋り始めてからです。しかし実は赤ちゃんはそれ以前にもすごい勢いで言葉を学習していると言われています。この様な時期を経た後にそれまで学習した事を基にして言葉をしゃべるようになります。

この様にして成長が進んでいくとさらに高いステップへと子供は変化していきます。それは社会性を身につけるという事です。おおよそこの様な時期は、幼稚園や保育園から学校に行き始めた頃になります。その後は、学齢が上がるに連れて複雑な社会への適合という形で人間形成が行なわれます。

この様な成長期を経て人は社会へと出ていきます。この様な変化は上に述べた母親の胎内から出生する時と似ています。社会にはそれまで経験したこと無い道徳や倫理観が存在します。社会生活を送るうちにこれらを身につけていきますが、時には一般の常識と呼ばれる事とは違う事が起きます。その様な1つの例が、できちゃった婚です。その原因についての価値判断は人それぞれですので一概には言えません。しかし、社会生活を続けるためには社会通念に従った行動をとるべきです。特にこれからながくお付き合いをする職場の人たちへの挨拶はきちんと行う必要があります。犯罪を犯したわけではありませんのでありのままを伝えればいい事です。