できちゃった婚で後悔!?避妊失敗の声とは

世の中には、たくさんのできちゃった婚を経験した人がいます。それで後悔している人もいれば、自分の好中にはまったと考えほくそ笑む人がいるかもしれません。いずれにしても、予想外の出来事に感じていることが多いため、可能な限り避けたいところでしょう。これを避けるためには、失敗談をより聞いておくことが大事になります。失敗の1つとしてはやはり避妊失敗になるわけですが、具体的にどのような例があるでしょうか。

1つ目のパターンとしては、そもそもコンドームを着用していなかったことです。特に男性の場合には、着用しないことによりより敏感に感じるようになります。そのため、おそらく妊娠しないだろうと考えてしまい結果的には妊娠してしまうような例も少なくありません。この例は、大きく分けて2種類が考えられます。1つは、直前まで中に入れておこうと思い勢いで暴発してしまった場合です。この場合、いちど暴発してしまうと妊娠してしまう可能性が格段に高くなるわけです。本人が認識していて大丈夫と感じている場合もありますが、認識していない場合はなんらかの対策を施さないためかなり高い確率で妊娠の可能性があります。もう一つは、外に出したけども我慢汁が出ているため着床してしまったパターンになるわけです。もっとも、我慢汁に関しては必ずしも妊娠とは結びつかないといった声もありますので明確ではありません。ただ、可能性としては否定できませんので可能な限りコンドームをつけることが重要です。

コンドームをつけたパターンでも、失敗することも考えられなくはありません。例えば、途中でやぶけて気がつかなかった場合です。このような場合には、全くつけてないのと同じになりますのでサイズを間違えないようにする必要があります。また、もともとやぶけているようなこともありますので、先端の部分だけでも膨らませて確認しておく必要があります。全体を膨らませて確認しようとすると、着用が難しくなるため先端だけで充分です。