できちゃった婚の増加の理由が意外だった件について

できちゃった婚が近年増加の傾向がありますが、その理由はなんでか知っていますか。

少子高齢化と言われている日本で毎年の出生率は下がっては来ているもの毎年増えています。

その理由としては結婚したいと思っている人が減ってきたからが1つの原因です。

結婚したい人が減ってきたとしても言い方は悪いですが人間性欲はあります。
若者は特にその傾向が強いのもあり、結婚は考えていなかったけれど性交渉をしたら作るつもりはないのにできてしまったというケースが非常に多いです。昔の時代は結婚事体が早いのに加えて今みたいに晩婚化はしていませんでした。現在は晩婚化が進行してきているのと、結婚を考えていない人が増えてきたのもあり予定がなかったのにできちゃたから結婚することが増えてきています。年齢が若いほど多く10代が圧倒的に占めています。およそ6割ぐらいが10代のできちゃった婚という統計がでていて、次に多いのが20代前半で6割という結果があります。年齢が上がるにつれて減っては来てはいます。10代というと多感な時期でもありますし親と上手く行かない子供も多く難しい年ごろです。上手く行かないと心が不安定になり、心の拠り所を異性に求めてしまうことがあります。それに加えて現在は結婚前の性交渉が当たり前の時代になりました。

きちんと避妊をすればいいんですが、避妊についての理解がまだ分かっていなくてそのまま子供が出来てしまう流れのケースもあります。このような原因で増加に繋がってるのですが、最近ではできちゃった婚も理解ができる世の中になってきてはいます。授かり婚やダブルハッピーウエディングという言葉もできました。ただし、できちゃった婚で結婚した人達の離婚率も普通に結婚した人達に比べてかなり高い傾向になってはいるので必ずしも良いというわけではありません。減らすためには若者の意識改革と大人がもっと真剣に若者へ伝えることが大切になってきます。