マタニティウエディングにスベらない王道の演出とは

授かり婚で、結婚式の際に既に新婦のお腹が大きいということは珍しくありません。さすがにいつ生まれるのかわからないという状況なら、出産して落ち着いてから式をあげた方が安心でしょう。マタニティウエディングをあげるなら、安定期など妊婦の体調が安定している時期を選んでください。時期を選んだら、次に大切になってくるのが式の演出です。まず新婦にとって一番気になってくるのが、ウェディングドレス選びです。

ドレスはウエストがシェイプされたようなデザインは、お腹が苦しいだけでなく変に妊娠をアピールしてしまう形になります。ウエストやお腹周りは緩やかになっているタイプのドレスの方が、妊婦にはオススメです。お腹の膨らみが小さいうちは、マーメードラインでわずかに膨らんだお腹を見せるというデザインもあります。その場合はあまり締め付けるようなサイズ感ではなく、少しゆとりをもたせておく事が大切です。試着した時に大丈夫でも、式までに子供が育ってお腹が大きくなることもあります。普段と違ってダイエットは禁物の時期なので、絶対に無理をするサイズはやめてください。お腹が大きくなってきたら、Aラインタイプのドレスがお腹への負担も少なく品もよく見えます。

Aラインは、胸のあたりから裾に向かって広がりを見せているデザインです。

ウエディングドレスならではの、豪華なレースやスカートの広がりを楽しむ事ができます。逆に鎖骨や腕など、妊娠しても細さが変わらない部分はあえて強調するデザインにするとスリムな印象を与える事ができます。首も腕も全て隠してしまうと、バランスに気をつけないと太っているように見えてしまうからです。スカートの丈は、長めにして足元が軽く隠れるくらいがオススメです。転んでは大変なので、極端に高いヒールは避けた方が安全になります。胸のあたりから広がりを見せるデザインなら、足首が隠れるくらいの方が品が良く見えます。あとは、ごく普通の式と同じ演出で問題ありません。ただし、あまり妊娠という言葉をキーワードにした進行の挨拶は避けた方が無難です。